不動産査定サイトランキング【RANKINランキン】

不動産を高く売るための三ヶ条

不動産を高く売るために一括査定が必要なのは、
あなたもご存知だと思います。

しかし、それ以外にも高く売るためのコツのようなものがあるんです。

今回は不動産を高く売るための三ヶ条をお話しておこうと思います!


 

1.売却期間には余裕を持つ

売却期間には必ず余裕を持つようにしてください。

そうしなければ、買い手に足元を見られ、
安く買い叩かれてしまう可能性があります。

期間としては、最低でも3ヶ月はみるのが鉄則です。
逆にいうと、3ヶ月見ていれば、必ず納得のいく価格で買い取ってくれる
買い手が見つかるチャンスは訪れます。

ここは絶対意識するようにしましょう。


 

2.営業マンを見極める

いくら、一括査定を使ったからといって、
必ずその査定額通りに売れるとも限りません。

営業マンや担当者とのコミュニケーションはもちろん、
その人たちの力量も大きく売却価格に影響を与えてくるのです。

ではどうやって見極めたらよいでしょうか。

そんなに難しいことは考える必要はありません。
以下の三点に注意してください。

・専門用語や難しい用語を多用してごまかそうとしてないか
・ちゃんと高値で売却しようとしているか
・売却活動の報告はちゃんとできているか


これらをしっかりみていてください。

なんとなく頼りないとか、何言ってるか分からないとか、
そんな印象でも要注意です。
自分の直感を信じるのも良いでしょう。

 

所有物件のできるだけ近くの不動産会社に頼む

一括査定が完了したら、
所有物件のできるだけ近くの不動産会社を選ぶ意識を持ちましょう。

なぜなら、その地域を一番知っている不動産会社の方が、
その物件の適正な価値を知っているからです。

新潟の地域の不動産の価値を沖縄の不動産会社が詳しいでしょうか?
全く詳しくないと思います。

そういうことです。

必ずしもこだわる必要はありませんが、そういう意識を持って選ぶと良いと思います。



総合ランキングトップへ移動